コーディネーターコラム

Coordinator's Column お仕事の話から、湘南のグルメ・耳寄り情報まで。

 

掲載:2017.11.04)【介護の職場】チームワークを築くポイント ★★最新!介護の求人情報も掲載中★★

◎「チームワークを築くポイント!◎

529529

多くの介護現場では、スタッフが数名から数十名で協力し合いながら、1日の業務を行う事になります。

基本的にはその日にいるスタッフよりも、利用者の数が圧倒的に多い事なんかも普通の事でしょう。そんな1日1日を乗り切る為には、スタッフ同士のチームワークは不可欠です。

でもどうしたらチームワークを築いていけるのでしょうか?

今回はチームワークを築くためのヒントをご紹介します。


■定期的なミーティングや会議を行う事が大切

337540決められた人数やグループで仕事をする為に絶対的に必要なのは「情報共有」です。

しっかりと情報共有がされていないと、理容師に対する介護方法や手順がバラバラになり、スタッフ同士に不満が生まれてきます。しっかりと共通の対応方法を理解する為には、月に1回から2回で良いので、ケアミーティングを行いましょう。

体調や状態が変わった人への対応方法や、今後対応が変わりそうな人、現在の介助方法では対応が難しい人等の介助方法について話し合い、しっかりと決める事が大事です。

しかし日によってはミーティングに参加できない人もいるでしょう。そういう人たちの為にも、ミーティング内容を書面で残し、参加できなかった人に必ず確認してもらい、スタッフ全員が理解していく事が大切です。

 

■毎日申し送りを行う

定期的にミーティングを開催したとしても、また翌日に違う利用者の事で対応について早急に感がなければならない事もあります。

777215

次のミーティングまで待てないような内容を、短い時間で検討する為に、毎日の「申し送り」の業務を行うようにしましょう。

例えば夜勤者から翌朝来た日勤者へ、夜間帯に起こった事や、トラブル等を報告し、その時間で対応方法を考えたり、日勤者が夜勤者へ日中の内容を伝えるような時間を作りましょう。

そこで早急に対応が必要な利用者の介助方法を(仮)として考えて対応し、次のミーティングでその対応が良かったか、悪かったのかを話し合うようにしましょう。

また、ミーティングまでの間は仮での対応方法になっているので、こちらもしっかり書面に残し、全スタッフに周知する事が大切です。

 

■みんなでご飯を食べに行ってみよう!

080709これは仕事とは違うのですが、意外と重要です。忘年会や決起集会、大きな行事の後に行う打ち上げでも構いません、みんなでご飯を食べたりお酒を飲んだりしながら、仕事以外の話をしてみましょう。

くだらない話は、ストレスを抱えながら仕事をしている人にとってはストレス発散になったり、一緒に働いているスタッフの新しい一面が見えたりして、職場の雰囲気もよくなります。

そしてみんなで「明日からまた頑張ろう」という気持ちの切り替えが出来るかもしれません。コミュニケーションをみんなでとるように心がけましょう。

 


▼最新の介護・求人情報はこちらから▼

fujisawa

care_fujisawa_1 care_fujisawa_2 care_fujisawa_3

chigasaki

hiratuka

yokohama

【投稿者】

SHONAN+(湘南プラス)は、ここが違う!

SHONAN+ Human resources innovation

藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉などの湘南エリアを基盤に人材紹介事業を展開しているSHONAN+(湘南プラス)。
湘南・横浜エリアで仕事をしたいという多くの方と企業様のニーズにお応えし、密度濃くスピーディにお手伝いをいたします。
SHONAN+(湘南プラス)は、「仕事紹介」だけにとどまらず、社宅制度を導入した湘南移住サポートなど独自のサービスを展開し、湘南エリアにおけるHuman Resource(ヒューマンリソース)の可能性を最大限に活かしたサービスの発展を目指します。
藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉の湘南エリア、横浜エリアのお仕事さがしはSHONAN+(湘南プラス)にお任せください!

SHONAN+(湘南プラス)の会社情報はこちら >