コーディネーターコラム

Coordinator's Column お仕事の話から、湘南のグルメ・耳寄り情報まで。

 

掲載:2018.01.27)【介護のいま】介護の現場で人手不足を解消する策は ★★最新!介護の求人情報も掲載中★★

◎介護の現場で人手不足を解消する策とは◎

544931630e5d352d556073c7a7cff75a_s

介護の現場は人出不足であり、それは今後も起こりうることです。今後は高齢者がさらに増えて介護士が数が更に足りなくなってしまうことが予想されます。

長年続く人手不足を解消する方法はあるのでしょうか。ここでは、人手不足を解消する案についてご紹介していきます。


■給料を上げるだけでは解消しない

a7b57b9108301c1c1e30a42ca4b44155_s

介護士の給料は低いといわれていますが、それは昔のことであり現在は昔に比べると上昇しています。給料のベースとしては保育士の方が安くなっています。夜勤をしている介護士の場合は月給が20万円以上ある場合もありますし、ボーナスも年間4か月以上出しているところもあります。

給料が年収500万円以上になると言われれば話は別ですが、現在の数万円アップぐらいの給料アップでは介護士の人手不足を解消することが出来ないといえるでしょう。

 

■介護ロボットの導入で負担を軽減

666085

人手不足を解消するためには、仕事の負担を軽くすることが有効な方法です。介護の仕事は身体的に非常に負担が強く、体の弱い方や体力の少ない方は避けてしまう傾向にあります。

そこで活躍を期待されるのが介護ロボットです。介護ロボットは様々な種類がありますが、介護士の体の負担を軽減させるものとしては、移乗介助ロボット、介助の際に力を貸してくれる体に装着するロボットなどがあります。

これらは高価なため導入しているところが少ないですが、今後は価格も下がり、自治体からの補助金などが出来て導入しやすくなります。

体の負担を軽減することによって、現在働いている方の離職も減らすことが出来ますので結果的には人出不足を解消することができるのです。

 

■地域の高齢者を導入する

558879

地域包括ケアシステムではボランティアが重要な役割を果たしています。元気な高齢者が要介護者を介護したり、見守りをしたりするということです。これらは、介護の人材不足に非常に有効な方法であるといえます。

退職をした60代~70代の方はまだまだ体力があります。それらの方々に介護の現場で働いてもらいますと一気に人材不足を解消することが出来ます。現在ではあくまでもボランティアとして活用することを期待されていますが、ボランティアではなかなか人は集まらないでしょう。

有償ボランティアとして給料を支給しつつ、上手く動いてくれれば問題ありません。やはり若い世代で現在の高齢者を支えるのは限界があり、高齢者を高齢者で支えることが出来れば人出不足を解消できるといえます。

 


▼最新の介護・求人情報はこちらから▼

fujisawa

care_fujisawa_1 care_fujisawa_2 care_fujisawa_3
chigasaki

hiratuka

yokohama

 

【投稿者】

SHONAN+(湘南プラス)は、ここが違う!

SHONAN+ Human resources innovation

藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉などの湘南エリアを基盤に人材紹介事業を展開しているSHONAN+(湘南プラス)。
湘南・横浜エリアで仕事をしたいという多くの方と企業様のニーズにお応えし、密度濃くスピーディにお手伝いをいたします。
SHONAN+(湘南プラス)は、「仕事紹介」だけにとどまらず、社宅制度を導入した湘南移住サポートなど独自のサービスを展開し、湘南エリアにおけるHuman Resource(ヒューマンリソース)の可能性を最大限に活かしたサービスの発展を目指します。
藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉の湘南エリア、横浜エリアのお仕事さがしはSHONAN+(湘南プラス)にお任せください!

SHONAN+(湘南プラス)の会社情報はこちら >